保育士会会員になると?

全国保育士会の
会員になりませんか

ともに語り、ともに学び、ともに子どもの育ちを支えましょう

  • 私たちは、子どもの育ちを支えます。
  • 私たちは、保護者の子育てを支えます。
  • 私たちは、子どもと子育てにやさしい社会をつくります。

(全国保育士会倫理綱領より)

全国保育士会は、1956(昭和31)年、「子どもたちの真の幸福を守るために保母※は手をつなぎ、たちあがろう!」という呼びかけに賛同した人たちの手によってつくられた、会員約18万6千人の保育士を中心とした組織です。

※1999年の児童福祉法施行令施行により「保育士」に名称変更

会員の皆さまには

  • 機関誌「保育士会だより」(年6回発行)を、すべての会員みなさまへお送りします。
  • 全国保育士会が主催する、より質の高い保育実践に必要な知識・技術の向上を目的とする研修会を会員料金で受講できます。
  • 永年勤続者に、全国保育士会会長より感謝状を贈呈します。
  • ホームページの会員専用ページで最新の情報等を得ることができます。
  • 学会での発表を支援します。

詳しくは、お住まいの都道府県・指定都市保育士会までお問合せください。
都道府県・指定都市保育士会 連絡先一覧

※保育士会は、各都道府県・指定都市、さらには市区町村や郡に組織されています。全国保育士会の会員となっていただくには、各地域の保育士会にご加入いただくことが必要です。都道府県・指定都市保育士会の会費のうち、会員おひとりにつき年600円が全国保育士会の会費となり、全国保育士会の活動のために使われます。

全国保育士会事業の4つの柱

1

子どもの豊かな育ちを
実現するための取り組み

  • 子どもの豊かな育ちを守り、子どもの最善の利益のために、研修の実施や情報提供等によって、保育士の専門性の向上をはかり、より質の高い保育の実現をめざします。

2

保育の専門性と質の向上のための
保育士会組織・事業の強化と拡充

  • 新たな子ども・子育て支援制度下においても、保育の専門職として保育の質の向上を図り、その実践にもとづき、子どもの豊かな育ちを実現するための取り組みにつなげます。
  • 全国保育士会組織強化方策を実施し、より質の高い保育を行っていくため、都道府県・指定都市保育士会と一体となった全国保育士会の組織及び機能や財政基盤の強化につなげます。

3

養護と教育が一体となった
保育に対する保護者・地域社会の
理解促進のための取り組み

  • 一人ひとりの子どもの豊かな育ちを支えてきた保育の重要性や保護者支援・地域の子育て支援等の社会的役割を担ってきていることについて、保護者や地域社会に一層理解していただくために、「発信」に取り組みます。
  • 日々、子どもと保護者と接し、わずかな変化にも気づくことができる保育士の専門性を活かし、子どもの虐待防止に積極的に取り組みます。

4

東日本大震災
被災地保育士の支援

(平成28年度事業計画に基づいて作成)