全国保育士会がめざしていること

全国保育士会がめざしていること

全国保育士会は、昭和31年に「子どもたちの真の幸福を守るために保母※は手をつなぎ、たちあがろう!」という呼びかけに賛同した人たちの手によってつくられ、現在18万8千人余を会員とする、わが国最大の保育士(者)の組織です。

全国保育士会の特徴は、第1は全国の保育士(者)が「全国保育士会倫理綱領」の理念をもとに、「子どもの育ちを支え、保護者の子育てを支え、子どもと子育てにやさしい社会をつくる」ことを目的に事業をすすめていること。第2は、専門職としての誇りと責任をもち、会員が一体となって保育の質の向上および自らの資質向上をめざしていること。第3は、全国的ネットワークによる活動展開により、幅広い視野をもって各種事業に取り組んでいること。第4は、全国の福祉関係者や、福祉施設等組織の連絡・調整機関である社会福祉協議会と協働するとともに、幅広く児童福祉施設協議会等と連携・協働し、子ども家庭福祉を推進していることです。

保育士会は事業計画に、4つの大きな柱「1.子どもの豊かな育ちを実現するための取り組み」、「2.保育の専門性と質の向上のための保育士会組織・事業の強化と拡充」、「3.養護と教育が一体となった保育に対する保護者・地域社会の理解促進のための取り組み」、「4.東日本大震災被災地保育士の支援」をかかげ、事業展開しています。

「1.子どもの豊かな育ちを実現するための取り組み」では、子どもの豊かな育ちを守り、子どもの最善の利益のために、研修の実施や情報提供等によって、保育士の専門性の向上をはかり、より質の高い保育の実現をめざします。

「2.保育の専門性と質の向上のための保育士会組織・事業の強化と拡充」では、新たな子ども・子育て支援制度下においても、保育の専門職として保育の質の向上を図り、その実践にもとづき、子どもの豊かな育ちを実現するための取り組みにつなげます。
また、全国保育士会組織強化方策を実施し、より質の高い保育を行っていくため、都道府県・指定都市保育士会と一体となった全国保育士会の組織及び機能や財政基盤の強化につなげます。

「3.養護と教育が一体となった保育に対する保護者・地域社会の理解促進のための取り組み」では、一人ひとりの子どもの豊かな育ちを支えてきた保育の重要性や保護者支援・地域の子育て支援等の社会的役割を担ってきていることについて、保護者や地域社会に一層理解していただくために、「発信」に取り組みます。
また、日々、子どもと保護者と接し、わずかな変化にも気づくことができる保育士の専門性を活かし、子どもの虐待防止に積極的に取り組みます。

「4.東日本大震災被災地保育士の支援」では、全国保育士会被災地支援募金(通称:スカンポ募金)を実施しています。被害が甚大であった岩手県・宮城県・福島県の保育士会組織を対象とした助成事業を実施することを通じて、研修会参加支援などを行っています。

加えて、保護者とのパートナーシップによる子育ての実践、そして子どもの発達過程をとらえていくための「保育の個別計画」を作成し、その普及に取り組んでいます。さらに、「保育士がこたえる子育てQ&A」を作成し、子育て中の保護者に広く伝えることができるよう本会ホームページに掲載しています。